事前にきちんと把握する事が大切

新築一戸建て住宅の購入パターンには色々あり物件によって注意しなければならないポイントも異なります。まず家の購入を考えた時によく最初に検討される事柄は一戸建にするかマンションか、もしくは新築にするか中古にするかといった比較です。
そしてもしも新築一戸建てを購入しようと決めた場合でも、さらにそこから細かい選択が数々と待ち構えているので、新築一戸建て住宅を探すときや選ぶときの基本的なポイントはしっかりと把握しておくとよいでしょう。

新築一戸建て新築一戸建て住宅の購入にはパターンがいくつかあります。その中でもほとんどの方が検討するのが土地と建物を合わせて取得するというケースです。このケースの場合は大きく分けると建売住宅の購入と建築条件付き土地の購入の2つになります。
土地付き建物は主に建売住宅と呼ばれていて、売主業者が計画して建築した住宅で土地と建物をワンセットで購入するものです。また、逆の言い方で購入者とのあいだで売買契約が交わされたあとで建築工事に入る場合には売建住宅というそうです。また、建築条件付き土地は、一定期間のうちに指定業者などとのあいだで建築工事請負契約を締結することを条件として土地の売買契約をするものです。

一戸建て住宅とマンションを比べると建物の形状はまったく異なっていますが、建売住宅の購入までの流れは新築マンションに近い感じになっています。そういったことから、新築のマンションまたは新築の建売一戸建てのどちらを購入するかを迷っているときは両方を比べながら購入を検討しても契約の段取りをスムーズに理解することができます。建築条件付き土地の場合は、新築マンションの場合と違うところが多いので注意をして検討するようにしましょう。
建築条件付き土地を購入する場合に気を付けなければならないポイントは、土地に関する売買契約を締結後したあとに建物の設計打ち合わせや見積もりなどを行なうということです。この打ち合わせは指定された期間内であることが多く、だいたい3ヶ月以内が平均です。もしこの期間内に建築工事請負契約の締結が成立しなければ、契約の白紙解除または契約が初めからなかったものとみなされることがあるそうです。

新築一戸建てまた、土地売買契約後の指定期間内に行われるのはあくまでも建築工事請負契約の締結なので、建物の設計などの詳細な打ち合わせに関しては請負契約後まで延びるケースもあるようです。建築確認の申請が終わったあとに建築工事の着手に入り、施工がはじまるので完成した新築建物の引き渡しができるまでには土地の購入から1年近くかかることもあります。
新築の一戸建てを購入するというのはほとんどの方がはじめての場合が多いです。トラブルを回避するためにも事前に様々な事柄を学んでから挑むということを念頭において行動にうつすのがベストだといえます。